顔の大きさが気になる場合に理解しておきたいこと

顔が小さくなりたい

カウンセリング

選び方と仕組みを理解する

美容整形の技術も、昔よりも随分進歩してきたため、最近は芸能人以外でも多くの人が美容整形しているのが特徴になります。美容整形に火をつけた理由の1つが、ボトックス注射と言えるでしょう。この注射は、顔を小さくすることができる点で非常に魅力的なものです。特に、生まれながら小顔だったわけではなくもともと顔が大きい人は少しでも小顔に近づこうとする傾向があります。やはり、女性の場合小顔の方が男性にモテる傾向があるからです。これは、芸能人やモデルなどに小顔が多いことを考えれば納得できるはずです。小顔にするための簡単な方法がボトックス注射をすることになります。ボトックス注射を打ってくれるところはたくさんありますが、選び方としては料金で決めるのも1つの方法になります。人間は、何も知らない状態だと1番安いものを選びたい傾向があるでしょう。例えば、りんごについての知識が乏しい人がスーパーマーケットに行きりんごを購入する場合、100円のものと200円のものがあったとします。この場合、大抵の人は100円のものを購入するでしょう。違いがわからなければ、安いものを購入するのが人間の心理だからです。これをボトックス注射に置き換えれば、5000円のものと2万円のものがあったとすれば、大抵の場合5000円のものを選ぶはずです。ですが、安いものを選べば良いわけではなく安い物にはそれなりの理由があります。多くの場合、注射に使われる製剤自体が安物だからです。安物の製剤は、効果が乏しくあまり変化が見られない場合が多いです。少しでも自分の効果を発揮したい場合にはある程度の金額のボトックス注射をしてくれる美容外科を選ぶべきでしょう。

ボトックス注射で小顔になるとしたら非常に手軽と言えるでしょう。注射自体は、費用も顎の骨削りに比べると安く時間も5分程度しかかからないからです。ただ、本格的に注射を打ち小顔にしたい場合にはその仕組みをよく理解しておく必要があります。そもそもなぜ注射を打つことにより顔が小さくなるかと言えば、ボトックス注射の中に含まれる成分が筋肉を麻痺させる働きがあるからです。人間の筋肉は、動かさないと縮小していきますが、ボトックス注射により筋肉を麻痺させ筋肉を使わないようにすればその部分が縮小することになります。この性質を利用して、エラが張っている部分に注射を打ち顔を小さくすることができるわけです。このように、仕組みとしては非常に簡単ですが、あまりたくさんの成分を注入してしまうと顎が麻痺してしまう可能性が高いです。顎が麻痺してしまうと、口を上下に動かすことができなくなり咀嚼が不可能になるでしょう。それだけでなく、話をするのも難しくなります。さらには、普段から顎が取れて口が開いた状態になりますので、見た目は決して良いものではありません。このようなことがないように、ある程度ベテランの医者は量を調整しながら打ち込みます。もし、1回の注射で効果がない場合には2回目を打つことになるでしょう。患者としても、いくら顔を小さくしたいからと言え、一度にたくさん打ってくださいなどと伝えない方が良いです。基本的には、慣れている医者の指示に従って施術を受けるようにするのが1番副作用がなく安心できるやり方になります。

Copyright© 2019 顔の大きさが気になる場合に理解しておきたいこと All Rights Reserved.