顔の大きさが気になる場合に理解しておきたいこと

顔を小さくする整形

口元

手軽で人気の手術方法

顔を小さくするためにはエラを削ったり大掛かりな整形手術が必要だと考えている人も多いかもしれませんが、最近では手軽に行える小顔の方法が人気を呼んでいます。それがボトックス注射です。ボトックスという名前は聞いた事があるけれどもその効能についてはよく知らない人も実は多いのではないでしょうか。ボトックスには筋肉を弛緩させる効果があります。 その作用を利用することによって色々な美容効果を得ることができるのです。例えば気になる顔のシワ部分に注入することでシワを目立たなくする効果が期待できます。表情筋が原因で生じているシワに効果的です。筋肉太りが気になるふくらはぎに注入すれば筋肉自体を細くすることができるので脚やせ効果も期待できます。このように注入部分によって得られる効果が異なるのも特徴の一つといってよいでしょう。小顔に見せたい人にもボトックスは効果的です。咬筋と呼ばれるエラ部分に注入することによって、咬筋自体を細くすることができるので結果的に輪郭をシャープに見せることが可能です。通常ボトックスの効果は半年前後持つと言われています。小顔目的で注入する場合は5回前後間隔を空けて注入すると定着率が上がるとされています。個人によって定着率にも差がありますので、施術後の様子を見てどれくらいの頻度でメンテナンスを行うのか、医師のアドバイスを受けながら決定しましょう。効果については施術後2?3日後から現れてきます。徐々に効果が高まるので、周りにもバレにくいというのもメリットの一つかもしれません。

リスクを抑えて小顔になりたいのならばボトックスがおすすめです。咬筋部分に注入することによってエラの張りを軽減させることができますので小顔効果につながります。薬剤を幹部に注入するだけで完了しますので、施術時間は数分から数十分と短時間ですその手軽さも人気の理由の一つになっています。ボトックスには一時的に筋肉の動きを抑制する効果があります。したがって、咬筋に注入することによって咬筋の動きを一時的に抑制して筋肉自体を細くさせる効果が期待できます。エラが発達していて顔が大きく見えるタイプの人は施術を行うことで小顔に見せることができます。小顔のボトックスを受ける時の注意点としては手術後硬いものを噛むのは控えることです。せっかく萎縮している筋肉をたくさん使ってしまいますと効果が軽減します。咬筋は物を噛む時に使用する筋肉です。ですので、施術後しばらく食事はできるだけ顎を使わないようなものを取り入れてください。効果についてはだいたい半年から1年程度は持つことが多いのですが、徐々に薄れてきますので、薄れてきたら再注入するとさらに定着率が高まります。ボトックスの成分や個人の体質によっても持続率が変わってきますので、薬剤を注入後、様子を見ながらどれくらいのペースでメンテナンスをするのかを決めた方が良いかもしれません。メンテナンスを行う時は同じクリニックで行いましょう。クリニックによって使用しているボトックスの種類が異なりますし、薬剤によって身体にかかる負担や定着率も変わってきます。

Copyright© 2019 顔の大きさが気になる場合に理解しておきたいこと All Rights Reserved.