顔の大きさが気になる場合に理解しておきたいこと

顔を小さくしたい

医者

その効果や注目されている理由は

女性の場合、自分の顔を気にする人は少なくありません。特に、顔の大きさを気にする人は多いはずです。男性からモテる女性の顔の種類の一つが、まず顔自体が小さいことです。ですが顔の大きさは、生まれつきの骨格や筋肉の付き方により大きく見えてしまうことがあるため自分の力ではどうする事も出来ないことがあるでしょう。もし、太っていて脂肪が顔についているならばダイエットをして小顔にすればよいだけです。ですが、筋肉がついてエラが張っている場合には自力でどうする事も出来ないわけです。全く筋肉を使わないならば自然にえらも減ってきますが、それはまったく食べないことや口を動かさないことを意味しています。そのようなことが生きている人間にできるわけがありません。そこで、人工的に筋肉を縮小させ小顔にするためにボトックス注射を用いることが多くなりました。一昔前までは、ボトックス注射を用いておらずエラ削りや筋肉の一部を切断するなどの治療方法が施されていました。確かにその方法でも物理的に顔を小さくすることは可能ですが、何らかの副作用が出てしまうことも少なくありませんでした。そうすると、結果的に美容整形に対するリスクが大きく感じられ、積極的に手術を行おうとする人も少なくなります。また、料金も30万円から50万円ぐらいすることも多く、それが大きなネックになったわけです。そこで登場したのがボトックス注射になりますが、ボトックス注射は今までの施術方法の欠点を補うことができています。例えば、まず副作用が出にくいことが考えられます。また、大掛かりな手術をする必要もなくそのため料金も非常に安いです。

ボトックス注射で小顔にするときの効果は、筋肉を縮小させることになります。ボトックス注射で小顔になるメカニズムを見ていくと、まず筋肉の働きを弱めるボツリヌス菌と呼ばれる菌を注射の中に入れてそれを肌の中に注入してきます。正確にいえば、皮膚の下にある筋肉にアプローチしそこにボツリヌス菌を入れることで徐々に筋肉が麻痺していきます。もともとボツリヌス菌は、食中毒の原因の一つとされていましたが、その特徴が筋肉をまひさせる働きになります。これを医療用に上手に改良して、人間の肌に打ち込むことで筋肉を弱めることができるようになりました。実際に、エラを張っている人にとってはこの注射をすることにより見た目大きく変化することはわかるでしょう。エラの部分は、骨による影響もありますがたいていは筋肉が発達したことにより顔が大きく見えるだけです。そこで、筋肉にボトックス注射を打つことで次第に筋肉の働きが弱まっていき筋肉が縮小していきます。その結果、顔が小さく見えるようになるわけです。このように便利なボトックス注射ですが、あまりたくさん打ち過ぎると問題が生じてしまうことがあります。少し考えれば分かりますが、たくさんあごの筋肉に打つことであごの筋肉のマヒの状態がひどくなりあごが上下できないようになります。常に口が開いた状態になり、その状態で効果が持続する半年間ほど過ごさなければならないため少しずつ成分を注入していくのが基本です。そのため、クリニックや病院に2回ぐらい通うことになることもあります。

エラを消し美しくなる方法

注射器 ボトックスは、筋肉を弛緩させる作用のある成分です。この特徴を活かし、頬の発達した筋肉に注入することで、エラを消し小顔になることが出来ます。一度の治療にかかる費用は3〜4万円程度で、効果は回数によって3〜6か月程度持続します。

詳しく見る

顔を小さくする整形

口元 手軽に小顔を手に入れたいのならばボトックス注射がおすすめです。ボトックスには一時的に筋肉を抑制する効果がありますので、エラ部分に注入することで咬筋を細くすることが可能です。結果的に輪郭をシャープに見せることができます。

詳しく見る

顔が小さくなりたい

カウンセリング ボトックス注射は、小顔にするために必要なものの1つですが安いものよりも高い注射をしてくれる所の方が効果がある可能性が高いです。注射の仕組み自体は、筋肉を麻痺させ筋肉を縮小させる働きがあります。結果的に小顔になる仕組みです。

詳しく見る

Copyright© 2019 顔の大きさが気になる場合に理解しておきたいこと All Rights Reserved.